最新情報

月別アーカイブ

RSS

お問い合わせはこちらから

国立大学法人東京農工大学
研究推進部 研究支援課

TEL 042-367-5944
FAX 042-367-5898

本事業は文部科学省科学技術人材育成費補助金の「テニュアトラック普及・定着事業」の補助を受けて実施しています。

メールでのお問い合わせはこちら

トップページ > 最新情報 > その他

最新情報

H28年度第1回インターディシプリナリー交流会 開催しました

2016年06月30日

6月29日,H28年度第1回目となる,テニュアトラック教員インターディシプリナリー交流会が,小金井キャンパスにて開催されました.25名のテニュアトラック教員が参加されました.
今回は,工学研究院から宮地悟代先生,嘉治寿彦先生,農学研究院から木村郁夫先生の3名による研究紹介発表を行いました.
今回は,本学キャリアチャレンジ教授の笠原博幸先生,テニュアトラック経験者のウレット・レンゴロ先生にも陪席としてご参加頂きました.
お二人の先生方から,農工で交流できるのは若いうちだけであり,またこの交流会は本学で最も研究アクティビティのある先生方の会であると,コメントいただいたのが印象的でした.

発表した先生方は,短い発表時間で多くの研究内容を紹介して頂きました.最近注目されている研究内容の紹介もあったため,聴衆のテニュアトラック教員も興味深く聞いており,専門的な内容から身近な内容まで様々な質問がありました.

終了後はテニュアトラック教員のみで懇親会を行い,大いに盛り上がりました.

交流会の様子1
交流会の様子2

[updated] テニュアトラック紹介映像が完成しました TUAT Tenure-track introduction video has been made.

2016年04月08日

東京農工大学のテニュアトラック教員,およびテニュア取得教員の研究紹介映像が完成しました.
全編英語によるナレーションです.日本語字幕版もあります.
機構長による本学のテニュアトラック制度の説明もあります.

We introduce research achievements of our tenure-track faculty members, and tenure-track system at TUAT.

English narration

日本語字幕,英文字幕の全体通しはこちらから
Japanese subtitles version and English subtitles version are here.

出演教員 (名前にカーソルをあてると動画サイトに飛びます)
 岩井紀子 Iwai Noriko
  テニュアトラック推進機構(農学研究院)
 杉浦慎哉  Sugiura Shinya
  工学研究院
 永岡謙太郎 Nagaoka Kentaro
  農学研究院
 山中晃徳 Yamanaka Akinori
  工学研究院
 木村郁夫 Kimura Ikuo
  テニュアトラック推進機構(農学研究院)
 栁澤実穂 Yanagisawa Miho
  テニュアトラック推進機構(工学研究院)
 佐藤幹 Sato Kan
  農学研究院
 岩本薫 Iwamoto Kaoru
  工学研究院
 村田章 機構長 Akira Murata
  テニュアトラック制度紹介

撮影風景1
撮影風景2

[終了しました]准教授(テニュアトラック)公募<卓越研究員事業> Application Info. for Associate Prof. (Tenure-Track), LEADER

2016年03月28日

<本公募は終了しました>

東京農工大学では文部科学省科学技術人材育成費補助事業「卓越研究員事業」(以下、「卓越研究員事業」という。)に基づき、先進的研究成果の創出と、本学の機能強化を推進する研究特区として創設したグローバルイノベーション研究院において、本学テニュアトラック制度による准教授(テニュアトラック)4名を募集します。任期は5年間です。

At the Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT), we are seeking four associate professors for tenure-track positions at the Institute of Global Innovation Research (GIR) - a special research institution established with the aim of conducting innovative research and bolstering TUAT's functions - as part of the Leading Initiative for Excellent Young Researchers (LEADER) sponsored by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT). The tenure-track period will last five years.

採用された若手研究者は、本学のグローバルイノベーション研究院テニュアトラック推進機構に所属し、分野に応じた協力部局(工学研究院又は農学研究院)と連携しながら独立した研究室を運営できます。任期中に優れた業績を上げた場合には、任期なし(テニュア)ポストに採用されます。また、研究室の立ち上げに必要なスタートアップ資金、事務支援サポートなどにおいて優遇措置があります。さらに、講義負担と学内管理業務の負担を一定の範囲で軽減し、集中して研究を行う環境が与えられます。協力部局の学部と大学院では専門分野についての講義を行い、大学院生の研究指導をすることが期待されます。

Appointees will be affiliated with Organization for Promotion of Tenure-track, GIR, and will conduct their research and teach while cooperating with a research institution (either the Institute of Agriculture or the Institute of Engineering, depending on the appointee's field of expertise). Appointees who produce outstanding achievements during the tenure-track period will be promoted to tenured positions. The appointees will be provided with an independent laboratory and startup budget with fewer duties on the administration and lecture side. They will be able to focus on research. They will be expected to give lectures in their field of expertise at cooperating departments and graduate schools, and to teach undergraduate- and graduate-level courses.

詳細は,下記pdfをご覧ください.
Details on the application are shown below.

本件お問い合わせはこちらから
(連絡を確実にするため,できるだけこちらの問い合わせフォームをお使い下さい)
Inquiry should be made by Inquiry Web site in the following URL.

(Japanese)http://web.tuat.ac.jp/~tuatgir/takuetsu/inquiry.html
(English)http://web.tuat.ac.jp/~tuatgir/takuetsu/inquiry-en.html

公募要項(和文)

Application Guideline (English)

H27年度第4回インターディシプリナリー交流会 開催しました

2016年03月25日

3月24日,H27年度第3回目となる,テニュアトラック教員インターディシプリナリー交流会が,府中キャンパスにて開催されました.23名のテニュアトラック教員が参加されました.
今回は,工学研究院から川野竜司先生,栁澤実穂先生,農学研究院から鈴木丈詞先生の3名による研究紹介発表を行いました.また,先日テニュア取得した農学研究院の永岡謙太郎先生の卒業記念講演を行いました.
発表した先生方は,他分野の先生方とのコラボレーションを考えて話す様子が印象的でした.
永岡先生は,テニュアトラック期間中の研究成果と今後の計画をお話頂きました.また,交流会参加の意義もお話頂きました.

聴衆のテニュアトラック教員からは,分野の専門的なことから,研究室運営のことまで,様々な質問があり,活発な意見交換の会となりました.

終了後はテニュアトラック教員のみで懇親会を行い,永岡先生の送別,着任したばかりの先生方の紹介を行って,大いに盛り上がりました.

交流会の様子1
交流会の様子2

H27年度第3回インターディシプリナリー交流会 開催しました

2015年12月25日

12月21日,H27年度第3回目となる,テニュアトラック教員インターディシプリナリー交流会が,小金井キャンパスにて開催されました.
今回は通常の研究発表会に戻し,工学研究院から許ユンジョン先生,農学研究院から小松健先生,杉村智史先生の3名が発表しました.
発表した先生方は,動画を交えたり等で,異分野の教員にも興味をひく発表を行っていました.
聴衆のテニュアトラック教員からは活発な質疑応答も行われ,着任したばかりで初参加のテニュアトラック教員も,積極的に参加していました.
テニュアトラック教員の横のつながりも確立してきており,交流会を積極的に盛り上げていく姿勢がさらに強まっていることを感じました.

終了後はテニュアトラック教員恒例の忘年会を行い,研究の進捗やテニュアトラック教員ならではの悩みを語り合って,大いに盛り上がりました.

交流会の様子1
交流会の様子2

前のページ1 > 2 > 3 > 4 > 5