お問い合わせはこちらから

国立大学法人東京農工大学
研究推進部 研究支援課

TEL 042-367-5944
FAX 042-367-5898

本事業は文部科学省科学技術人材育成費補助金の「テニュアトラック普及・定着事業」の補助を受けて実施しています。

メールでのお問い合わせはこちら

トップページ > テニュア取得教員の紹介 > 村上 義彦

テニュア取得教員の紹介

村上 義彦 (Murakami Yoshihiko)

研究院 工学研究院
部門 応用化学部門
研究分野 バイオ高分子材料
キーワード バイオマテリアル、医用材料、医用高分子、生体高分子工学、バイオセンシング
URL http://www.tuat.ac.jp/~murakami/
職歴

・1998年04月~2000年03月:日本学術振興会 特別研究員(DC1)
・2000年04月~2001年03月:日本学術振興会 特別研究員(PD)
・2001年04月~2001年09月:早稲田大学 理工学総合研究センター 助手
・2001年10月~2004年03月:理化学研究所 バイオ工学研究室 (現 前田バイオ工学研究室) 基礎科学特別研究員
・2004年04月~2005年09月:神奈川科学技術アカデミー(KAST) 横山「高分子ナノメディカル」プロジェクト 研究員
・2006年10月~2007年03月:東京農工大学共生科学技術研究院 特任助教授
・2007年04月~2010年03月:東京農工大学共生科学技術研究院 特任准教授
・2010年03月~2011年03月:東京農工大学共生科学技術研究院 准教授(テニュア取得)
・2011年04月~現在:東京農工大学 大学院工学研究院 応用化学部門 准教授

学歴

・1996年:早稲田大学 理工学部 応用化学科 卒業
・1998年:早稲田大学 大学院理工学研究科 修士課程(応用化学専攻)修了
・2000年:早稲田大学 大学院理工学研究科 博士後期課程(応用化学専攻)2000年修了 博士(工学)(短期取得)

受賞歴

・日本バイオマテリアル学会科学奨励賞 (2012年)
・化学工学会奨励賞 (玉置明善記念賞)(2005年)
・バイオインダストリー協会化学素材研究開発振興財団記念基金グラント研究奨励賞(2001年)

主な論文・解説

・T. Takami, Y. Murakami, "Unexpected and successful “one-step” formation of porous polymeric particles only by mixing organic solvent and water under “low-energy-input” conditions", Langmuir, 30, 3329-3336 (2014)
・T. Ito, C. Yoshida, Y. Murakami, "Design of novel sheet-shaped chitosan hydrogel for wound healing: a hybrid biomaterial consisting of both PEG-grafted chitosan and crosslinkable polymeric micelles acting as drug containers", Mater. Sci. Eng. C, 33, 3697-3703 (2013)
・Y. Uchida, K. Fukuda, Y. Murakami, "The hydrogel containing a novel vesicle-like soft crosslinker, a "trilayered" polymeric micelle, shows characteristic rheological properties", J. Polym. Sci: B. Polym. Phys., 51, 124-131 (2013)
・H. Moroishi, C. Yoshida, Y. Murakami, "Free-standing polylactide sheet containing polymeric micelles formed from poly(ethylene glycol)-polylactide block copolymer for incorporating/releasing hydrophilic compounds", Colloids Surf. B: Biointerfaces, 102, 597-603 (2013)
・T. Takami, Y. Murakami, "Development of PEG-PLA/PLGA microparticles for pulmonary drug delivery prepared by a novel emulsification technique assisted with amphiphilic block copolymers", Colloids Surf. B: Biointerfaces, 87, 433-438 (2011)
・Y. Uchida, Y. Murakami, "Successful preferential formation of the novel macromolecular assembly - trilayered polymeric micelle - that can incorporate hydrophilic compounds: the optimization of factors affecting the miceel formation from amphiphilic block copolymers", Colloids Surf. B: Biointerfaces, 84, 346-353 (2011)
・Y. Uchida, Y. Murakami, "Trilayered polymeric micelle: a newly-developed macromolecular assembly that can incorporate hydrophilic compounds", Colloids Surf. B: Biointerfaces, 79, 198-204 (2010)
・F. Ito, Y. Uchida, Y. Murakami, "Facile technique for preparing organic-inorganic composite particles: monodisperse poly(lactide-co-glycolide) (PLGA) particles having silica nanoparticles on the surface", Colloids Surf. A: Physicochem. Eng. Asp., 361, 109-117 (2010)
・Y. Kanakubo, F. Ito, Y. Murakami, "Novel one-pot facile technique for preparing nanoparticles modified with hydrophilic polymers on the surface via block polymer-assisted emulsification/evaporation process", Colloids Surf. B: Biointerfaces, 78, 85-91 (2010)
・Y. Murakami, M. Yokoyama, H. Nishida, Y. Tomizawa, H. Kurosawa, "In vivo and in vitro evaluation of gelation and hemostatic properties of a novel tissue-adhesive hydrogel containing a crosslinkable polymeric micelle", J. Biomed. Mater. Res. B. Appl. Biomater., 91B, 102-108 (2009)
・Y. Murakami, M. Yokoyama, H. Nishida, Y. Tomizawa, H. Kurosawa, "A simple hemostasis model for the quantitative evaluation of hydrogel-based local hemostatic biomaterials on tissue surface", Colloids Surf. B: Biointerfaces, 65, 186-189 (2008)
・Y. Murakami, M. Yokoyama, T. Okano, H. Nishida, Y. Tomizawa, M. Endo, H. Kurosawa, "A novel synthetic tissue-adhesive hydrogel using a crosslinkable polymeric micelle", J. Biomed. Mater. Res., 80A, 421-427 (2007)
・Y. Murakami, M. Maeda, "DNA-responsive hydrogels that can shrink or swell", Biomacromolecules. 6, 2927-2929 (2005)
・Y. Murakami, M. Maeda, "Hybrid hydrogels to which single-stranded (ss) DNA probe is incorporated can recognize specific ssDNA", Macromolecules, 38, 1535-1537 (2005)

研究紹介

本学のテニュアトラック事業について

今後の抱負