最新情報

月別アーカイブ

RSS

お問い合わせはこちらから

国立大学法人東京農工大学
研究推進部 研究支援課

TEL 042-367-5944
FAX 042-367-5898

本事業は文部科学省科学技術人材育成費補助金の「テニュアトラック普及・定着事業」の補助を受けて実施しています。

メールでのお問い合わせはこちら

トップページ > 最新情報

最新情報

H30年度第3回インターディシプリナリー交流会 開催しました

2018年12月05日

12月4日,H30年度第3回目となる,テニュアトラック教員インターディシプリナリー交流会が,小金井キャンパスにて開催されました.17名のテニュアトラック教員およびテニュア取得教員が参加されました.
今回は,工学研究院からモリテツシ先生,張亜先生の2名による研究紹介発表を行いました.
外国籍の先生ということで,英語での研究紹介もありました.英語による質疑応答では,異分野にもかかわらずテニュアトラック教員らしい活発な意見交換がありました.

また,特別講演として,リサーチアドバイザーで本学名誉教授の佐藤勝昭先生より,「テニュアトラック教員への期待」と題してお話を頂きました.佐藤先生はテニュアトラック制度の制定に尽力されていたこともあり,テニュアトラック教員への期待も大きく,励ましのメッセージを頂きました.

終了後は忘年会を行い,大いに盛り上がりました.

交流会の様子1
交流会の様子2
佐藤勝昭先生の特別講演

H30年度第2回インターディシプリナリー拡大交流会 開催しました

2018年09月18日

9月14日,H30年度第2回目のインターディシプリナリー交流会が,府中キャンパスにて開催されました.
今回は,毎年この時期恒例の,テニュアトラック教員または所属研究室学生によるポスター発表会と,BBQ懇親会を行いました.
テニュアトラック教員,テニュアトラック経験教員,および研究室所属学生の総勢29名が参加しました.
農学研究院の小瀬亮太先生を実行委員長とし,テニュアトラック教員全員で作る交流会にふさわしく,会場設営から後片付けまで,参加者全員で手分けして行いました.

ポスター発表会は,16件の発表がありました.岡山理事,URACの二歩先生もご参加頂きました.
テニュアトラック(経験)教員や学生が,自身の研究や最新の知見を,サンプルなどを持ち込みつつ熱心に紹介していました.
時間を前後半に分けて,交替でポスター発表を行いましたが,各ブースで多くの質疑が飛び交っており,交替がなかなか進まない様子でした.
昨年以上に盛り上がった会となり,あっという間のポスター発表会でした.

終了後はBBQ懇親会を行いました.
午前中に雨が降っており,BBQの開催が危ぶまれましたが,参加者の熱心な議論の甲斐あってか,夕方にはすっかり天気が回復していました.
今回は芋煮も用意し,秋の味覚を楽しみつつ,みなリラックスした様子で若手研究者同士の交流を楽しんでいました.

ポスター発表会の様子1
ポスター発表会の様子2
BBQ懇親会の様子

H30年度第1回インターディシプリナリー交流会 開催しました

2018年06月13日

6月12日,H30年度第1回目となる,テニュアトラック教員インターディシプリナリー交流会が,小金井キャンパスにて開催されました.23名のテニュアトラック教員およびテニュア取得教員が参加されました.
今回は,工学研究院から渡辺峻先生,久保若奈先生,農学研究院から新村毅先生の3名による研究紹介発表を行いました.

発表した先生方は,短い発表時間でも聴衆を惹きつける研究内容を紹介して頂きました.暗号化技術,ニワトリを始めとした動物とのインタラクション,最新の微細加工技術など,研究内容の紹介に,聴衆のテニュアトラック教員とも活発な意見交換がありました.

また,特別講演として,グローバルイノベーション研究院で現在アメリカから来日されている山口浩史先生からも,癌治療の最前線のお話を頂きました.こちらも,最新の癌治療について大変興味深いお話でした.

終了後は参加者で懇親会を行い,大いに盛り上がりました.

交流会の様子1
交流会の様子2
交流会の様子3(久保先生)

H29年度第4回インターディシプリナリー交流会 開催しました

2018年03月05日

3月2日,H29年度第4回目のテニュアトラック教員インターディシプリナリー交流会が,府中キャンパスにて開催されました.
17名のテニュアトラック教員,および2名のテニュア取得教員が参加されました.
今回は,ライフイベントのある先生方を考慮し,ランチ交流会としました.
夕方開催ではなかなか参加できない先生方にも参加頂き,休憩時間中にはコーヒーを飲みながら交流する姿も見受けられました.

研究発表は,テニュアトラック推進機構の篠原恭介先生,岩井紀子先生,大橋秀伯先生に行って頂きました.
凝集体反応の話が偶然にも重なったり,カエルの変態の様子があったりと,様々なトピックスがあり,多くの質疑応答が飛び交いました.また,共同研究にも繋がりそうな話もありました.
また,2月にテニュア取得された先生からのコメントも頂きました.

終了後は茶話会を開催しました.農・工どちらも数名の先生方が参加され,審査,研究活動の悩みなど,和気あいあいとした雰囲気で交流を深めました.

次回は6月を予定しております.

交流会の様子1
交流会の様子2

TT教員による創発型シンポジウム 開催しました

2017年11月22日

 平成29年11月17日に,本学小金井キャンパスにて,「テニュアトラック教員による創発型シンポジウム」を開催しました.
 このシンポジウムは,全国のテニュアトラック教員,若手研究者の有志により開催しており,本年で5回目となります.今回はシンポジウムとポスターセッションの2本立てで実施し,67名の研究者や学生にご参加いただきました.

 シンポジウムでは,テニュアトラック経験者の4名の先生方にご講演いただきました.各自の分野で大活躍なさっている気鋭の若手研究者から,テニュアトラック期間中の経験談や感じたことを率直に話していただきました.
 ライフイベントと研究生活との両立,外部資金獲得の苦労話,競争相手ではないライバルのTT教員の存在,テニュアトラック期間中のプレッシャー,学生との接し方等,どの先生の講演も大変面白く,若手研究者にとって身につまされる話も多かったと思います.
 テニュアトラック教員や研究職に興味のある学生にとって大変参考になったようです.

 ポスターセッションでは,28件の発表がありました.様々な分野が一同に集まり,盛況な異分野研究交流会となりました.活発な議論があちこちで見られました.

 終了後には意見交換会を開催し,37名の方々にお集まりいただいて人的交流を深めました.

 今回はテーマの「叡智」にふさわしく,若手研究者の叡智を集めて今後の研究活動に役立てる会となったと思います.

 ご参加いただきました皆様,誠にありがとうございました.
 また,今後とも,テニュアトラック教員を始めとした若手研究者への協力支援,および本学のテニュアトラック制度にご理解ご協力をどうぞよろしくお願い致します.


※たくさんのご意見ありがとうございました.アンケートの結果はこちらから

------
第5回テニュアトラック教員による創発型シンポジウム
 ~叡智~

平成29年11月17日(金) 東京農工大学 小金井キャンパス
 シンポジウム
 ・東京農工大学テニュアトラック制度の紹介
 ・テニュアトラック経験者4名による講演

 若手研究者によるポスターセッション

 意見交換会

------

シンポジウム会場の様子
講演者の先生方(上段左:加用千裕先生,右:吉田紀生先生,下段左:田中良和先生,右:竹井邦晴先生)

1 > 2